めまいが起きたときの対処法

突然の体調不良に襲われた時、どうすべきか

めまいが起きたときの対処法

 

めまいは突然訪れます。特に前触れが無く発生する体調不良であり、また老若男女問わず、皆が襲われる問題でもあります。自宅で普通に過ごしている時にも発生します。体調不良に突然襲われた時、多くの方々が軽いパニック障害になります。

 

しかし、体調不良に襲われた時こそ、落ち着いた対処が求められます。もし、突然のめまいに襲われた時はとにかく落ち着いて行動し、安静な姿勢に移りましょう。家事や仕事、パソコンなどをしている場合はとにかく切り上げて、身体を休ませましょう。

 

椅子やソファーや床など、安静な姿勢が取れる状態に身体を変えましょう。落ち着いて深呼吸して、目を閉じて回復を待ちます。心身を落ち着かせる事が最優先事項です。少しマシになったからといって、急に立ち上がるのはNGです。最低でも5分から10分程は、身体をソファーや椅子、床などに預け、心身のリラックスを専念しなければいけません。

高温多湿な環境でもめまいに襲われます

めまいは元々心身が弱っている時に現れやすいです。特に最近の夏場は高温多湿の日々が続きます。熱中症の症状として、めまいに襲われる場合もあります。その場合の対処法ですが、とにかく安静な姿勢にいち早く移る事が大事あり、直射日光を避け、高温多湿な環境を改善する事が先決です。

 

クーラーを利用していない場合は、リモコンを操作して、とにかく室温を下げましょう。既に利用していた場合も、室温や湿度が高ければ意味が無いため、クーラーの設定温度を低くしましょう。また熱中症の場合は、塩分と水分を素早く摂取する事が大事です。近くに家族がいるのであれば、声を出して助けてもらいましょう。

 

コップ一杯の水をゆっくりと飲ましてもらう事で、随分と体調は楽になります。また理想としては熱中症に効果的な専用の清涼飲料水、あるいは塩分を適度に含んだスポーツドリンクがベストです。一気飲みするのではなく、じっくりと時間をかけて飲むのが正しい対処法です。

心身が疲弊している時、めまいは現れやすい傾向

めまいは疲労の蓄積、そして睡眠不足によっても現れやすいです。真面目に頑張って日夜お仕事、勉強に打ち込んでいる男女に出やすいため、最近根を詰めて家事や仕事、勉強を頑張り過ぎている方は要注意です。自律神経のバランスが、ストレスによって崩れている場合も現れやすく、ストレスフルな日々を送り続けている方も、突然のめまいに悩まされます。

 

いずれも疲労や心労が主な原因ですので、現れ次第、安静な姿勢に移り、休息を取る事で自然回復が望めます。発生直後は心身が激しく混乱します。全ての作業は基本的にストップしましょう。SNSをしたり、テレビを見るのもNG、脳に刺激を無闇に与えてはいけません。

 

目を閉じて外部からの刺激はシャットアウトして、ソファーや床などで横になり、家族の手が借りられるのであれば、濡れタオルやスポーツドリンクを受け取る等して、体調不良に対応しましょう。また医師から専用の薬を処方されている場合は、同じく家族の補助を得て、服用を素早く済ませるべきです。